Tomo Fujita

Guitarist

KTS user - トモ 藤田

僕は普通ストラトのサドルを全てグラフテックに交換しています。理由は弦が切れにくくするため。グラフテックは少しトーンがこもるの知ってましたが正直あまり気にしていませんでした。

チタンのサドルのことは何年か前から NAMM Show で見たりして気にはなっていたのですが、なぜか僕はチタンというのは、ステンレスのようにブライト、金属音がするもんだと信じていました。で実際恐る恐るサドルを変えてみると、、、、 あら不思議?全然キンキンしない、でも今まで以上にハーモニックスとかきれいな響きがする。今までもったいないことした~って思いました。食べず嫌いやったんですね(笑)思い込みは良くない、すぐに実行!とは分かっていてもついつい、、、でもこんなに良くなるとは思いませんでした。

全体にブライトというより抜けがよくなりました。ほんとすぐにブライトになると思い込んでいましたが、トーンは以外にまろやかでバランスが良く低音も出るしハイも出る。以前エミネンスのスピーカ-の話もしましたが、これもスピーカーを変えたようによくギターが鳴るようになりました。SRVもモモセのストラトもライヴでもトーンがほんと良くなりました。335と他のストラトもサドルを変えます。なので今はギターをアンプに突っ込むだけで幸せです。


1965年 京都生まれ。3歳でギターを始める。ジェフ・ベック、ラリー・カールトン、アル・マッケイ、ジョー・パス、などに影響を受け、1987 バークリー音楽大学へ奨学金を得て入学する。1993 バークリー音学大学ギター科の講師になる。バークリー音楽大学ではプライベートレッスンをはじめ、ブルースファンクを教えるクラス 「パフォーマンス・スタイル」、その他にもアンサンブルのクラスも受け持つ。 日本国内でもギターマガジンのコラムをはじめ、数々の教則本、教則ビデオ等で、超多忙なインターナショナルギタリストである。

Tomo Fujita Official Website


Older Post Newer Post

Related Posts

André Maquera
André Maquera
"I replaced the saddles on my Fender Nashville Tele which has graced hundreds of sessions. I know its voice intimately a
Read More
Takumi Mura
Takumi Mura
”とにかくレスポンスが素晴らしく、スパーン!と気持ち良くピッキングに反応してくれます。シャキッと締まった音なのに、決して硬い音ではなく懐の深い優しい高音が抜群です。 ちょうどKinoFactoryにて自身のシグネイチャーを開発中ですが、当然
Read More
Nicolas Chelly
Nicolas Chelly
"I really like my KTS bridges. I just AB it with genuine Fender and I can say it translates better the sound to the body
Read More
Eugene Shimoda
Eugene Shimoda
“最初 チタンサドルは、正直抵抗がありました。音がどうなるのか、想像がつかなかったので。チタンサドルは、軽いため、音が軽くなりすぎないかなど想像してましたが、そんな事はなく、芯のある音で、抜けが良くなった感じがします。そして、何より、僕が使
Read More
Tom Anderson (Tom Anderson Guitarworks)
Tom Anderson (Tom Anderson Guitarworks)
"I have the KTS PR-17 saddles on my personal guitars and love what they do the clarity of the guitar. in particular, the
Read More